>> 「歴史・地理 」で検索 比較方法:人気ランキング + 口コミ・評価[Top][お気に入りに登録][口コミ掲示板]  

- 書籍 - ジャンル別 - 歴史・地理

 TOPカテゴリ
服&ファッション小物 / カー&バイク用品 / ベビー&マタニティ / 書籍 / DVD / 家電&カメラ / 食品&飲料 / 健康&美容 / おもちゃ / DIY・工具 / ホーム&キッチン / 音楽 / シューズ&バッグ / PCソフト / スポーツ&アウトドア / ゲーム / 時計 /

歴史・地理 関連:
分類:
歴史・地理
- 歴史学
- 世界史
- 歴史読み物
- 地図
- 歴史・地理 全般

- 日本史
- 考古学
- 地理・地域研究
- 参考図書・白書
- 歴史全般

ランキング (人気順)
1位: 銃・病原菌・鉄〈上巻〉―1万3000年にわたる人類史の謎
商品情報 比較する→ [Yahoo! | 楽天]
販売:草思社 著者:ジャレド ダイアモンド
商品説明
銃と軍馬―― 16世紀にピサロ率いる168人のスペイン部隊が4万人に守られるインカ皇帝を戦闘の末に捕虜にできたのは、これらのためであった事実は知られている。なぜ、アメリカ先住民は銃という武器を発明できなかったのか?彼らが劣っていたからか?ならば、2つの人種の故郷が反対であったなら、アメリカ大陸からユーラシア大陸への侵攻というかたちになったのだろうか?
否、と著者は言う。そして、その理由を98年度ピューリッツァー賞に輝いた本書で、最後の氷河期が終わった1万3000年前からの人類史をひもときながら説明する。はるか昔、同じような条件でスタートしたはずの人間が、今では一部の人種が圧倒的優位を誇っているのはなぜか。著者の答えは、地形や動植物相を含めた「環境」だ。
たとえば、密林で狩猟・採集生活をしている人々は、そこで生きるための豊かな知恵をもっている。だが、これは外の世界では通用しない。他文明を征服できるような技術が発達する条件は定住生活にあるのだ。植物栽培や家畜の飼育で人口は増加し、余剰生産物が生まれる。その結果、役人や軍人、技術者といった専門職が発生し、情報を伝達するための文字も発達していく。つまり、ユーラシア大陸は栽培可能な植物、家畜化できる動物にもともと恵まれ、さらに、地形的にも、他文明の技術を取り入れて利用できる交易路も確保されていたというわけだ。また、家畜と接することで動物がもたらす伝染病に対する免疫力も発達していた。南北アメリカ、オーストラリア、アフリカと決定的に違っていたのは、まさにこれらの要因だった。本書のタイトルは、ヨーロッパ人が他民族と接触したときに「武器」になったものを表している。
著者は進化生物学者でカリフォルニア大学ロサンゼルス校医学部教授。ニューギニアを中心とする長年のフィールドワークでも知られている。地球上で人間の進む道がかくも異なったのはなぜか、という壮大な謎を、生物学、言語学などの豊富な知識を駆使して説き明かす本書には、ただただ圧倒される。(小林千枝子)
評価 5つ星のうち 4 アジア人の持つ疑問には答えてはいないが
 本書は、ニューギニア人の友人からの問いかけを受けて、「地域による人類の発展の格差がなぜ起きたのか」という根本的な疑問に答えることがテーマとなっている。1万3千年前からたどって、人間の環境適合の進化過程にその理由があることを膨大な情報を下に解き明かしていく。
 最も根本的な発展の格差もたらした大きなパラダイム・シフトを農耕の始まりにおいている。ユーラシア大陸におけるその開始の早さがヨーロッパ人に「銃、病原菌、鉄」という世界征服の手段をもたらした。なぜ、ユーラシア大陸では農耕の開始やその後の伝播が早かったのか、それは気候、地勢や東西方向の大陸の広がりが起因しているといった論旨が展開されていく。
 その視点は面白く、ある種ミステリー小説を読んでいるかのように読み進めていくことができるが、下巻は上巻の論点を繰り返す内容になっており、少々退屈する。
 あくまで、著者はアメリカの学者であり、取り上げている素材が欧米の視点に偏っているいることを我々日本人含めアジアの方は感じるだろう。また、少々うがった見方をすれば、欧米人の残虐な世界侵略を、「進化論」を用いて無意識のうちに正当化しているようにも読み取れる。
 この著作のエピローグの一節のタイトルにもなっている「なぜ中国ではなく、ヨーロッパが主導権を握ったのか」という、おそらく多くのアジア人が持つ疑問にはこの書は十分に答えてはいない。「儒教哲学が浸透している中国・アジアと改宗を強制する宗教を推進力とするヨーロッパ」という対比にそのヒントはありそうだが、なぜ、そのような文化や社会価値観の違いが発生したのか、欧米人の他者に対する差別意識の強さや残虐さがどこから根本的にきているのかはこの書のテーマからははずれる。

とはいえ、新聞のゼロ年代の50冊のTOPに選ばれただけの事はあり、新しい人類史の見方を教えてくれる良書。
他のコメントも読む

クリックで拡大
定価: ¥ 1995 (税込)
価格: ¥ 1995 (税込)
新古: ¥ 1995
中古: ¥ 1994



比較 : 楽天 Yahoo!
比較する→ [Yahoo! | 楽天]

2位: 銃・病原菌・鉄〈下巻〉―1万3000年にわたる人類史の謎
商品情報 比較する→ [Yahoo! | 楽天]
販売:草思社 著者:ジャレド ダイアモンド
商品説明
銃と軍馬―― 16世紀にピサロ率いる168人のスペイン部隊が4万人に守られるインカ皇帝を戦闘の末に捕虜にできたのは、これらのためであった事実は知られている。なぜ、アメリカ先住民は銃という武器を発明できなかったのか?彼らが劣っていたからか?ならば、2つの人種の故郷が反対であったなら、アメリカ大陸からユーラシア大陸への侵攻というかたちになったのだろうか?
否、と著者は言う。そして、その理由を98年度ピューリッツァー賞に輝いた本書で、最後の氷河期が終わった1万3000年前からの人類史をひもときながら説明する。はるか昔、同じような条件でスタートしたはずの人間が、今では一部の人種が圧倒的優位を誇っているのはなぜか。著者の答えは、地形や動植物相を含めた「環境」だ。
たとえば、密林で狩猟・採集生活をしている人々は、そこで生きるための豊かな知恵をもっている。だが、これは外の世界では通用しない。他文明を征服できるような技術が発達する条件は定住生活にあるのだ。植物栽培や家畜の飼育で人口は増加し、余剰生産物が生まれる。その結果、役人や軍人、技術者といった専門職が発生し、情報を伝達するための文字も発達していく。つまり、ユーラシア大陸は栽培可能な植物、家畜化できる動物にもともと恵まれ、さらに、地形的にも、他文明の技術を取り入れて利用できる交易路も確保されていたというわけだ。また、家畜と接することで動物がもたらす伝染病に対する免疫力も発達していた。南北アメリカ、オーストラリア、アフリカと決定的に違っていたのは、まさにこれらの要因だった。本書のタイトルは、ヨーロッパ人が他民族と接触したときに「武器」になったものを表している。
著者は進化生物学者でカリフォルニア大学ロサンゼルス校医学部教授。ニューギニアを中心とする長年のフィールドワークでも知られている。地球上で人間の進む道がかくも異なったのはなぜか、という壮大な謎を、生物学、言語学などの豊富な知識を駆使して説き明かす本書には、ただただ圧倒される。(小林千枝子)
評価 5つ星のうち 4 アジア人の持つ疑問には答えてはいないが
 本書は、ニューギニア人の友人からの問いかけを受けて、「地域による人類の発展の格差がなぜ起きたのか」という根本的な疑問に答えることがテーマとなっている。1万3千年前からたどって、人間の環境適合の進化過程にその理由があることを膨大な情報を下に解き明かしていく。
 最も根本的な発展の格差もたらした大きなパラダイム・シフトを農耕の始まりにおいている。ユーラシア大陸におけるその開始の早さがヨーロッパ人に「銃、病原菌、鉄」という世界征服の手段をもたらした。なぜ、ユーラシア大陸では農耕の開始やその後の伝播が早かったのか、それは気候、地勢や東西方向の大陸の広がりが起因しているといった論旨が展開されていく。
 その視点は面白く、ある種ミステリー小説を読んでいるかのように読み進めていくことができるが、下巻は上巻の論点を繰り返す内容になっており、少々退屈する。
 あくまで、著者はアメリカの学者であり、取り上げている素材が欧米の視点に偏っているいることを我々日本人含めアジアの方は感じるだろう。また、少々うがった見方をすれば、欧米人の残虐な世界侵略を、「進化論」を用いて無意識のうちに正当化しているようにも読み取れる。
 この著作のエピローグの一節のタイトルにもなっている「なぜ中国ではなく、ヨーロッパが主導権を握ったのか」という、おそらく多くのアジア人が持つ疑問にはこの書は十分に答えてはいない。「儒教哲学が浸透している中国・アジアと改宗を強制する宗教を推進力とするヨーロッパ」という対比にそのヒントはありそうだが、なぜ、そのような文化や社会価値観の違いが発生したのか、欧米人の他者に対する差別意識の強さや残虐さがどこから根本的にきているのかはこの書のテーマからははずれる。

とはいえ、新聞のゼロ年代の50冊のTOPに選ばれただけの事はあり、新しい人類史の見方を教えてくれる良書。
他のコメントも読む

クリックで拡大
定価: ¥ 1995 (税込)
価格: ¥ 1995 (税込)
新古: ¥ 1995
中古: ¥ 1994



比較 : 楽天 Yahoo!
比較する→ [Yahoo! | 楽天]

3位: 岩崎弥太郎と三菱四代 (幻冬舎新書)
商品情報 比較する→ [Yahoo! | 楽天]
販売:幻冬舎 著者:河合 敦
評価 5つ星のうち 4 三菱財閥の草創期を詳らかに
本書冒頭にも書かれるように、我が国の主要財閥である三菱、三井、住友の中で、
三菱のみが幕末〜明治期に勃興し、そして現在も我が国最大の財閥として君臨
しているのは、ある意味奇跡的である。

そして、土佐藩の最下層士族からのし上がってきた岩崎弥太郎、としてその弟弥之助
の事績は断片的にしか取り上げられていないのが現状ではないか?。本書では、
岩崎弥太郎の事業の起こりから、第二次世界大戦末までを三菱4代の事績を紐解き
ながら整理している。

個人的には特に2代目の弥之助の事績に関して初めて目にするものが多く、非常に
興味深く読むことが出来た。突破力があり、短気で以外と小心な兄弥太郎と
人格者だが鉱山開発など思い切った決断をする弥之助の役割は三菱財閥がなぜ
大きくなったのかを分かりやすく紹介している。

唯一の難点は三菱四代と言いながら久弥、小弥太の事績がほんの少しだったことか。
かれらの事績についても詳しく紹介されているとなお良かったと思う。
他のコメントも読む

クリックで拡大
定価: ¥ 819 (税込)
価格: ¥ 819 (税込)
新古: ¥ 819
中古: ¥ 458



比較 : 楽天 Yahoo!
比較する→ [Yahoo! | 楽天]

4位: もういちど読む山川日本史
商品情報 比較する→ [Yahoo! | 楽天]
販売:山川出版社
評価 5つ星のうち 3 日本史ブーム?
僕も本屋に並んでるのを見て一瞬欲しくなってしまいました。でも調べてみると山川の教科書そのままのようです(若干の編集あり)。そしてこの本が異例のヒットを記録しているようです。出版の意図も分からないしなぜこれがヒットするのかもよくわからない。でも僕も一瞬欲しくなったのはきっと教科書が単行本になることで歴史をより身近に読むことができそうな気がしたからだと思います。日本史ブームとかいうよりこれを企画した人のアイデアがよかったんだと思います。でも高校のころの教科書を置いてる人は教科書のほうが詳しいです。
他のコメントも読む

クリックで拡大
定価: ¥ 1575 (税込)
価格: ¥ 1575 (税込)
新古: ¥ 1575
中古: ¥ 1190



比較 : 楽天 Yahoo!
比較する→ [Yahoo! | 楽天]

5位: ルポ 貧困大国アメリカ II (岩波新書)
商品情報 比較する→ [Yahoo! | 楽天]
販売:岩波書店 著者:堤 未果
評価 5つ星のうち 5 良質な小説の様で素晴らしかった。
「一番こわいのはテロリストでも大不況でもなく、いつの間にか私たちがいろいろなことに疑問を持つことをやめ、気づいた時には声すら自由に出せない社会が作られてしまうことの方かもしれません」
このセリフの示唆するものの深さ、鋭い視点に唸らされた。
前作同様、いやさらに確固たる社会への問題提起となっている。
大きな期待を集めたオバマ大統領の就任後も、学資ローンや保険会社が運営する医療保険によって、絶望的なまでに貧困格差が広がっていくアメリカの現状を赤裸々にリポート。とりわけ最終章の民間刑務所の実態と、それが行きつく先の新たな奴隷制度には戦慄した。
現代アメリカにおける問題の数々:教育費の高騰、年金破綻、歪められた医療保険改革、繁栄する刑務所ビジネス。全ての根底にある市場主義。"政権交代"をゴールだと勘違いした国民。そして間違いに気づき動き出した人々。
良質な小説の様で素晴らしかった。
そう言えば著者の御尊父であるばばこういち氏の訃報を新聞で知ったが、彼も素晴らしい反骨のジャーナリストであり、小生が非常に尊敬する論客の一人であった。ばば氏の優れたジャーナリスト魂が堤未果氏にちゃんと受け継がれているのを感じる。
真のジャーナリストが去っても、世代間のリレーは続いているのだ。
「貧困大国アメリカ」シリーズは、アメリカの現状が何年か先の日本の未来図と考えれば、今のうちに一人でも多くの方に是非とも読んでおいて欲しい一冊。
他のコメントも読む

クリックで拡大
定価: ¥ 756 (税込)
価格: ¥ 756 (税込)
新古: ¥ 756
中古: ¥ 460



比較 : 楽天 Yahoo!
比較する→ [Yahoo! | 楽天]

6位: ドラッカー入門―万人のための帝王学を求めて
商品情報 比較する→ [Yahoo! | 楽天]
販売:ダイヤモンド社 著者:上田 惇生
評価 5つ星のうち 2 芳しくなかった
読んで役に立たないので古本屋に売った本だがアマぞンからレヴューをすすめる自動メールがこれにだけきたので気が進まないがためしに書いた。

ドラッカーの本は八割方読んでいると思う。今昔のものをみても線がたくさんひいてある。
しかし役に立ったというためしがないのでこの本を読めばまとめになるだろうかと思ったが、
ファンの本であってそういう意味には役に立たなかった。
批判もふくめた中立的な歴史的位置付けをした伝記のようなものがほしい。
いろんな人がドラッカーを大きく評価しもちあげているのは知っているが、理由がわからず、自分にとっては未だ遠い。
経済学の傍系のような経営論しかない現在、経済学批判をふくめた社会的・人間的価値の諸様態を問題にし続けたといえるのだろうが、全体としてエッセイであり当人は学的なものは何も残さなかった。
社会生態学とはキャッチフレーズであり、当人の存在以外実態を伴わない。
企業体だけでなく企業体に典型的にみられる組織経営をあらゆる組織体に敷衍しようとしたともいえるのだが、それも組織体の定義や知識とはなにか、その他もろもろの問いには「何故だかわからないが」という言い方しかしなかった。

つまりドラッカーは既に出来上がった、何をなすべきかわかっているものの指南をしていて、未だ何をなすべきかわからない時に何をなすべきかは語っていないのである。
乱気流時代における未踏の領域の創造ではなく、かつてあったものの経営を、創造そのものではなく、創造する経営者をあつかったのである。
イノベーションと企業家精神も、すでにあるものの、出来上がってしまったもののイノベーションであり、起業論ではない。
時代は新たな転換点に入ったと指標をいくつもだすが、既存の経営組織の運営を問題にし、全く新しいもののゼロからの創造は扱わなかった。「見えざるものの体系化」が必要だとしながらも、それについて自身は特になにもしなかった。

それは日本への評価についてもいえる。日本の成功は追い風であり、逆風下の日本については判断を誤ったとしかいいようがない。今の日本は既存のものの維持ではなく、新しいものの創造がもとめられているのだが、ドラッカーファンを標榜する経営者達は自分達に都合のいいキャッチフレーズを受け取っていただけではなかったのか。

ドラッカーに直接会ったり教えを受けた人の本をみても、都合の良い事例を集めてきてドラッカーの言葉に当てはめているだけで、客観性に欠ける。

思想的には新自由主義の流れに分類されながら政治経済学の非現実性に異を唱えつづけたドラッカーだが、未だ遠しという感を受ける。
他のコメントも読む

クリックで拡大
定価: ¥ 1680 (税込)
価格: ¥ 1680 (税込)
新古: ¥ 1680
中古: ¥ 1600



比較 : 楽天 Yahoo!
比較する→ [Yahoo! | 楽天]

7位: もういちど読む山川世界史
商品情報 比較する→ [Yahoo! | 楽天]
販売:山川出版社
評価 5つ星のうち 3 昔の山川世界史が読みたかったな・・・
自分の通っていた高校では、2年時は世界史/日本史を両方履修するものの、
3年ではどちらかを選ばなくてはならず(私大文系クラスだったので)、2年の
夏には「日本史で受験しよう」と決めていたが故に、世界史については殆ど
まともに学ぶこと無く社会に出てしまいました。

そういう意味では「世界史をもう一度勉強したいな」と思っていたところに
出会った本なので、個人的にはタイムリーだったんですが、高校の教科書って
もっと字が細かくて読みづらかった気が…と思っていた時に、他のレビューを
読んで納得です。現代版の教科書なんですね。

出来れば20年前、自分が高校生だった時の奴が読みたい。正直内容が浅く物足り
ません。

「ゆとり」を名目に、学校の授業だけでは難関大学に行けなくしてしまった文部
省(今は文部科学省か)の罪は重いです。日本の将来が思いやられます。
他のコメントも読む

クリックで拡大
定価: ¥ 1575 (税込)
価格: ¥ 1575 (税込)
新古: ¥ 1575
中古: ¥ 1212



比較 : 楽天 Yahoo!
比較する→ [Yahoo! | 楽天]

8位: 読むだけですっきりわかる日本史 (宝島社文庫)
商品情報 比較する→ [Yahoo! | 楽天]
販売:宝島社 著者:後藤武士
評価 5つ星のうち 5 お買い得
安さにつられて購入しました。
歴史も本もあまり好きではないのですが、
スラスラと読めました。

詳しい人にはもの足りないかもしれませんが、
自分には程よい内容です。

先生っぽい記述や意見も、
自分が考えるきっかけになって
好感がもてました。
他のコメントも読む

クリックで拡大
定価: ¥ 500 (税込)
価格: ¥ 500 (税込)
新古: ¥ 500
中古: ¥ 300



比較 : 楽天 Yahoo!
比較する→ [Yahoo! | 楽天]

9位: そうだったのか!現代史 (集英社文庫)
商品情報 比較する→ [Yahoo! | 楽天]
販売:集英社 著者:池上 彰
評価 5つ星のうち 5 いまさら、こんなこと聞けない、という人に。
世界の紛争の、基本的なことが、あらためて学べます。当然、わかりやすいです。
他のコメントも読む

クリックで拡大
定価: ¥ 760 (税込)
価格: ¥ 760 (税込)
新古: ¥ 760
中古: ¥ 415



比較 : 楽天 Yahoo!
比較する→ [Yahoo! | 楽天]

10位: ルポ 貧困大国アメリカ (岩波新書)
商品情報 比較する→ [Yahoo! | 楽天]
販売:岩波書店 著者:堤 未果
評価 5つ星のうち 5 戦慄を禁じえない

『ルポ貧困大国アメリカU』が出たのを期に改めて読み直した一冊。80年代以降進んだ新自由主義の政治と経済を前に、絶望的な状況に追い込まれていく人々の姿を、インタビューを交えつつ紹介する。背景にある構造の概説と取材で得られたインタビューやエピソードの紹介との間の往復作業を繰り返す中で見えてくるものは、新自由主義経済の暴走によって人々は選択肢を喪失し、なすすべも無くただただ翻弄され、時には戦地に赴かざるを得なくなる構図である。

国家の責任範疇が縮小し、医療・教育・災害対策などといった領域が次々と民営化されていった結果、貧困層の人々は健康を蝕まれ、居住の権利を喪失し、まともな医療も受けられず、または法外に高額な医療の前に自己破産を余儀なくされる。文教予算の縮小は学資ローンを肥大化させ、政府のコスト削減と保険業界を利する一方で若者たちを膨大な借金に埋没させ、将来の選択肢を限りなく狭めていく。印象的だったのは追い込まれた学生たちが軍に活路を求めるところであろう。ヴェトナム戦争時には大学生は反戦運動の主力であり、反権力の象徴だったものだが、今やアメリカの学生にはそのような余裕はない。市民権を求める移民やお金を求める貧困層らと同様、教育機会と学歴を渇望する彼ら若い学生たちもまた、内心イラク戦争に疑問を感じているにも拘らず、軍への道を歩んでいく。助長された経済格差の中、それでもなんとか生き抜き、上昇していこうとする人々の活力を糧に、イラク戦争は遂行されているのだ。
他のコメントも読む

クリックで拡大
定価: ¥ 735 (税込)
価格: ¥ 735 (税込)
新古: ¥ 735
中古: ¥ 144



比較 : 楽天 Yahoo!
比較する→ [Yahoo! | 楽天]

複数サイト検索(検索上手) :



Copyright(C)KAWAZUTOBI.COM All rights reserved.